仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

今秋オープンする決済方法に暗号通貨イーサリアムを採用した独自のクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」を運営するbacoor株式会社は、「REAL BOOST」の受援者募集を開始したことを発表しました。受援者とは「REAL BOOST」を用いて支援を受ける人のことです。

目次

  • イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始
  • 「REAL BOOST」の仕組み
  • 従来のクラウドファンディングサイトとの違い
  • 仮想通貨を使ったサービスが活性化

イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始


今秋オープンする決済方法に暗号通貨イーサリアムを採用した独自のクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」を運営するbacoor株式会社は、「REAL BOOST」の受援者募集を開始したことを発表しました。受援者とは「REAL BOOST」を用いて支援を受ける人のことで、イーサリアムを送ってもらうことで資金を調達できます。

「REAL BOOST」公式サイト

「REAL BOOST」の仕組み


「REAL BOOST」はイーサリアムを決済に用いたクラウドファンディングサイトです。受援者は、イーサリアムを送ってもらうことで資金を調達できます。そして、bacoor株式会社がイーサリアムのブロックチェーン技術を用いて受援者の通貨(トークン)を作成し、支援のお返しにトークンを渡します。支援者は、支援したお返しで得たトークンを用いて、そのトークンの発行者である受援者のデジタルコンテンツを購入することができます。受援者はコンテンツを発信することでより多くの資金を調達できる可能性があり、アイデア次第で自分のトークンの使い道を拡張することも可能です。

「REAL BOOST」で支援を受けるためには、bacoor株式会社の審査を通過する必要があり、審査に通過した受援者が自分のトークンをREAL BOOSTにて発行することが可能になる流れです。なお各受援者のトークンはbacoor株式会社がリリースしたスマートフォン向けアプリケーション「HB Wallet」を用いて、スマートフォンから管理することができます。

「HB Wallet」アプリ公式サイト

従来のクラウドファンディングサイトとの違い

従来のクラウドファンディングサイトの多くは、法定通貨を用いた決済方法が主流であり、国際送金にかかるコスト等の問題から国境を超えた支援を活発に行うことは現実的ではありません。また、プロジェクト立案者が支援金を受け取るタイミングはプロジェクトの期日終了時が一般的であり、プロジェクト実行中に支援金を使用することは困難です。

「REAL BOOST」は日本語・英語・中国語対応を予定しており、国内外を問わず受援者を募集する予定です。また、イーサリアムを使っているため、受援者は支援金をほぼリアルタイムに受け取ることができます。

仮想通貨を使ったサービスが活性化

最近は仮想通貨を使ったサービスが登場し始めています。仮想通貨のボーダーレスな点や送金スピードの早さ、少額での支援が可能などの特徴を活かしており、こうしたサービスがこれから更に出てくるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧