仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ビットコインを実店舗で使用する場合に持っておきたいのがモバイルウォレットです。iPhoneやAndroidのアプリをインストールすることで使用できます。QRコードが利用でき、簡単に決済が可能です。利用者の多いおすすめのモバイルウォレットを紹介します。

目次

  • ビットコインのウォレットについて
  • おすすめのモバイルウォレット「breadwallet(ブレッドウォレット)」
  • おすすめのモバイルウォレット「Mycelium(マイセリウム)」
  • おすすめのモバイルウォレット「Copay(コーペイ)」
  • 取引所のモバイルウォレットを使う
  • モバイルウォレットで便利に決済

ビットコインのウォレットについて

ウォレットはビットコインの財布だと考えてください。保有しているビットコインを管理したり決済したり送金したりする際に使用します。実はウォレットにはいくつかの種類があります。今回紹介するモバイルウォレットは持ち運び可能なので、実店舗での決済に向いています。また、最近ではWEBサイトよりもアプリが主流になってきているので、一番利用しやすいウォレットと言えるかもしれません。

モバイルウォレット以外にはデスクトップウォレットとウェブウォレット、ペーパーウォレットがあります。デスクトップウォレットは自身のパソコンにインストールして使用します。インターネットに接続していないパソコンを使用すれば、高い安全性を保ちビットコインを保管することが可能です。ウェブウォレットはウェブサイトにアクセスして使用するウォレットです。セキュリティはサイト管理者次第となります。ペーパーウォレットは紙で保管できるウォレットです。アドレスと秘密鍵を印刷して保管することになります。

おすすめのモバイルウォレット「breadwallet(ブレッドウォレット)」

breadwalletはiOS・Android共に対応しています。アメリカの企業が運営するモバイルウォレットですが、日本語対応もされておりシンプルでわかりやすいインターフェイスが特徴です。秘密鍵を使用端末で保存する仕様なので、管理会社がハッキングされたとしても自身のビットコインが盗まれるリスクはありません。少し使いづらい点として、ビットコインの単位がBTCではなく「b」と表記されます。1bは0.000001BTCなので、BTC表記に慣れている場合は注意が必要です。

おすすめのモバイルウォレット「Mycelium(マイセリウム)」

MyceliumもiOS・Android共に対応しています。ただし、Androidしか日本語対応はしていません。breadwalletと同様に秘密鍵を使用端末で保存する仕様なので、セキュリティが高いです。breadwalletに比べるとインターフェイスが複雑で、慣れていない人は使いづらいかもしれません。

おすすめのモバイルウォレット「Copay(コーペイ)」

CopayはiOS・Androidに加えてWindows・Mac・LinuxとPCにも対応しています。マルチシグネチャ対応で高いセキュリティを誇ります。インターフェイスもシンプルでわかりやすいです。他のモバイルウォレットと違う点として、ウォレット内でビットコインの売買ができるようになっています。海外の取引所であるcoinbaseとGlideraが利用できます。

取引所のモバイルウォレットを使う

取引所が提供しているモバイルウォレットを利用するのもひとつの方法です。bitFlyerやcoincheck、Zaifなど主要な取引所は大抵提供しています。決済や送金に加えて売買も可能です。普段こうした取引所を利用しているため安心感がありますし、日本の会社ということで使いやすいインターフェイスが魅力です。

モバイルウォレットで便利に決済

モバイルウォレットは実店舗で決済する際に欠かせません。大きく海外のモバイルウォレットと取引所のモバイルウォレットがありますが、使いやすい方を選択して利用してください。どのモバイルウォレットも十分なセキュリティ対策が施されていますが、スマートフォン自体を紛失するなどのリスクもあるため、あまり多くのビットコインを入れておくことはおすすめできません。いつも財布に入れている金額程度にしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧